>> リスニング力アップにおすすめの無料体験 

産経オンライン英語学習日記11〜15日目

産経オンライン英会話学習日記 11〜15日目 産経オンライン学習日記【初心者】

英語初心者が産経がオンラインで英会話を始めました。11日目から15日までの学習日記をご紹介します。講師に恵まれているのですが、私自身の英語力がなく上手く行かない日も多いです。

前回の日記はこちら>>産経オンライン英語学習日記6〜10日目

これまでの産経オンラインの学習日記も読んでいただけると嬉しいです。>>産経オンライン英会話学習日記

また、オンライン英会話を始める前に中学英語の勉強をしていました。>>【中学英語】やり直し日記

公式サイト:産経オンライン英会話

11日目:オンライン英会話で形容詞の順番を学習

オンライン英会話は、形容詞を並べる順番について詳しく教えてもらった。Cambrige DictionaryのAdjective:orderのページを見ながら講師が説明してくれ、私はこれまで適当に並べていたのでとっても勉強になる。

でも、opinion、size…など10項目あり、とても順番なんて覚えられなさそう。順番が違っていたら、意味が違ったり違和感を感じられたりするんだろうか?日本語では意識していないけど、やっぱり順番があるのかな。


12日目:音声だけの英会話レッスンでまったく理解できず…

この日のオンライン英会話レッスンは、なぜか途中から音声だけの通話にされたのが残念。理由はあまりよく聞き取れなかった。良い講師だと思っていたのに残念。

レッスンが始まってすぐはビデオ通話だったけど、そのときに講師のところに飲み物など運んできていたので、食事タイムのついでにレッスンされたのかなと勝手に思っている。

その講師は夕方〜夜中まで休憩なしのレッスンスケジュールだったので、私みたいな初心者なら音声だけ&片手間でもいいと思われたのかも、と勝手に思っている。

で、英語があまり聞き取れないから、音声だけだとまったく理解できない。何かを言われても、それがいいのか悪いのか、間違っているのか?など、良くわからなかった。

英語が聞き取れない分、表情を読んで意味を解釈しているんだなと思った。相手が見えないからジェスチャーも使えないし。

英語の発音が聞き取りやすい講師で優しい雰囲気で気に入っていたけど、この先もこんなレッスンだったら嫌だなと思うのでこれから指名するのは少し迷う。

公式サイト:産経オンライン英会話

13日目:久しぶりにBASIC GRAMMAR IN USEで文法学習

難しいなと思って中断していたBASIC GRAMMAR IN USE、苦手な冠詞の部分だけを先にしてみることに。冠詞は簡単なようで難しい。深く考えると余計にわからなくなる。

Storyline Onlineというサイトで、絵本の朗読をしていることを知り見てみたら、結構面白い。絵本の絵がアニメーションになっていて動くのが面白く、朗読も雰囲気たっぷり。

子ども用といえども私にはやや難しいところもあり。どろんこハリーの英語版はわかりやすくて可愛かった。

いきなり英語で映画を見るのは難しいけど、その前段階としての聞き取り練習に使えそう。

14日目:ユニークな講師で笑いっぱなしの英会話レッスン

今日のレッスンはすごくユニークで面白い講師だった。ジョーク多め、でもきちんと発音や文章の間違いは訂正してくれたのがよかった。

英会話で一番重要なのは「リスニング」だと教えてもらった(発音や文法よりも)その理由までは詳しく聞き取れなかったのが残念。難点を言えば、少しなまりがきつい感じと話すスピードが速く感じるときがあったこと。

でも、初めの自己紹介や英語の勉強の話でレッスンの時間が足りなくなったとき、次のレッスンを入れていないからと少しだけレッスン時間を延長してくれたのが嬉しかったです。

15日目:実際のお店のようにロールプレイング。ほとんど聞き取れず撃沈…

今日の内容は、値段を言い表す練習。レッスンの時間最後の5分くらいで、実際にファストフードで注文するときの雰囲気でロールプレイング。

講師:店員、私:客で行いました。講師が色々なアレンジを加えてくるので、私はほとんど聞き取れずややパニック。クレジットカードを使うかどうかとか、持ち帰るかお店で食べるかなどのアドリブがプラスされた。

店内で食べるのは、for hereかと思っていたら、「dine in」と言われてよくわからず。「dine in or to go?」と聞かれたから、持ち帰りなのかな…と推測。レッスン後に検索して調べたら、フィリピンで定番の言い方みたい。

産経オンライン始めて2週間が終わって思うこと

オンライン英会話をはじめて約2週間。今のところ毎日レッスンを受けています。産経オンラインの講師の方々は、フレンドリーできちんとまじめにレッスンしてくれるタイプが多く、とてもいいスクールだと思います。

ただ、もともと話せない私にとって、まったく進歩が感じられず不安になることも。2週間では当然ですが、講師の言葉が聞き取れずになんとなく意味をとっていることの方が多いです。

聞き取れなくても意味を把握することは、いざ実践で英会話するときには役立つのかもしれませんが、今の段階でどうなのかなと思うこともしばしば。

学習している文法は知っている文法(でも話せない)だから、新しく勉強するというよりも、知っているのに話せないというもどかしさの方が多いです。

自分でダイアログのロールプレイングをするとき、そのまま読むだけなら自分ひとりでもでき、オンライン英会話でする意味はあまり感じません。講師によってはアレンジを加えてくれたり、もっと感情を表現して〜なんて言ってくれる人もいます。ただ、これはこれで私が英語を聞き取れないこともあり、結局なんとなく勘で話している感じになってしまいます。

英語のレッスンを受けることは楽しいけど、今の自分には少し早いのかなと思ったりすることも。また、予想以上にフィリピンなまりは聞き取りにくいな、と感じました。普段英会話は、英語教材のCDに録音されているようなきれいなはっきりした発音がほとんどなので、それとのギャップもあります。

上手く話せないのと聞き取れないので毎日モヤモヤした日々。1ヶ月続けたら、また違った印象になるのかなと思います。

公式サイト:産経オンライン英会話

次の日記はこちら>>産経オンライン英語学習日記16〜20日目

コメント

タイトルとURLをコピーしました