>> リスニング力アップにおすすめの無料体験 

【英語初心者】産経オンラインで撃沈しないための2つのポイントを紹介!沈黙を避けて、これで最初の5回は乗り越えられる

英語初心者がオンライン英会話の 最初の5回を乗り越えるポイント 産経オンライン学習日記【初心者】

英語初心者がオンライン英会話で困ることといえば、レッスン内容がわからないというよりも「講師が何を指示・質問しているのかがわからない」ということではないでしょうか?

私は今実際に産経オンラインで学習している英語初心者ですが、まさにその状態で苦しみました。レッスン内容は「Nice to meet you.」レベルなのに「ペラペラペラ describe situation 〜 ペラペラ」なんて言われても「え??」って思ってしまいました。

この問題を克服するためには、まずレッスンの流れをつかむことが重要。産経オンライン英会話で実際にレッスンを受けている私が、最初のレッスンで撃沈しないポイントをご紹介します。

この記事は、ほぼ英語が話せないレベルの初心者が、撃沈せずになんとか初めのレッスンを受けられるようにするものです。講師の英語がある程度聞き取れる方には参考にならないかもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。

① 最初は講師は同じ人がおすすめ!その講師のレッスンスタイルに慣れよう

英会話レッスン中

最初のレッスンの講師が特に嫌ではなかったら、初めは同じ講師を指名するのがおすすめです。産経オンライン英会話ではレッスンの大きな流れは同じですが、講師それぞれのスタイルが微妙に違います。そのため、できるだけ同じ講師にしたほうがレッスンの流れはつかみやすいと思います。

レッスンの流れがつかめれば、多少聞き取れなくてもなんとかなります。

大きく分けて2種類のタイプの講師がいるので、自分好みの講師を選ぼう!

産経オンライン英会話の講師には、私がレッスンを受けた中では大きく分けて2タイプの講師がいます。

  • テキストに沿ってフリートーク少なめタイプ
  • テキストを土台にしてフリートーク多めのタイプ

どちらのタイプかは実際にレッスンを受けてみるまでわかりませんが、個人的な感想としては講師歴が長い人はフリートーク多めのタイプが多い気がします。

「フリートークが多くて苦手…」と思った場合は、講師を変えてみましょう。ただ、産経には講師への感想や口コミは閲覧できないので、レッスンを受けてみるまでどんな講師かわからないのが残念なところです。

講師選びに迷ったら、オススメ講師のページで紹介されている講師を選ぶと安心。その他には、予約済が多い講師は人気があるから大丈夫かなと私は思っています。

同じ講師を選ぶメリットは?

同じ講師のレッスンを受けると、英語が聞き取れなくてもおおよそのレッスンの流れがわかる→当てずっぽうで言ったことが当たりやすくなるというメリットがあります。(もちろん聞き取れるのがベストですが…)

講師の英語が結構聞き取れるという人なら、いろいろな講師と話したほうが楽しいと思います。でも、「何を言っているのかわからないことがほとんど」という人は初めは同じ講師がおすすめです。

② レッスンの基本的な流れを解説!指示が聞き取れなくても勘で行こう

英語学習本

英会話ができない私たちにとって大きな壁になるのは、レッスン内容というよりも、

  • 「講師が何を指示しているのかわからない!」
  • 「今は一体どこをやっているのか…?」

という、講師の英語が聞き取れないことですよね。聞き直せばもちろんもう一度言ってくれますし、チャット欄に書いてくれる講師もいます。

ただ、何回も何回も聞き返すのは気が引けませんか? 私は気が引けてしまうタイプで、どうしても何回も聞き返すことに抵抗を感じてしまいます。ホントは何回も聞き直して理解しないといけないのですが、それはまたレッスンに慣れてから。とりあえずレッスンの流れをつかみましょう。

レッスン内容はMy name is〜. なのに、読んでとか説明してといった指示は、複雑な文章で言ってきます。ゆっくり話してくれる講師も多いですが、一度「ペラペラ〜〜〜」と聞こえたものは、何回聞いても聞き取りにくいものだったりします。

そこで、基本的なレッスンの流れを覚えて、講師が何か言って欲しそうなときには勘で話しましょう。

タイトル

私はめったに無いのですが、たまに「〜〜read title〜〜」という講師がいます。そのときには、テキストの右上のタイトル(グリーンバッグのところ)の英文を読んでみましょう。講師が「OK」と言ってくれたらあたりです。次に進めます。

① PHRASE OF THE DAY

続いて今日のフレーズ。PHRASE OF THE DAYの英文を読むときには2種類の講師がいます。

「リピートアフターミー」と言って先に読んでくれる人と、「〜〜read 〜〜PHRASE OF THE DAY〜〜」と言って生徒だけに読ませる人です。

「No.1 PHRASE OF THE DAY. 」のあと、何か言われたけどわからなかった・文章を読んでくれる気配もないときは、とりあえずPHRASE OF THE DAYの文章を読んでみましょう。

ここで、講師によっては写真を見て状況を描写してと言われることがあります。

「~~ describe the situation ~~ picture ~~」などと言う言葉が聞こえてきたら、写真を見て状況を説明しましょう。

描写…と言っても、(たぶん)難しい言葉でなくても大丈夫。私は「The woman is talking and smiling.」みたいな感じの超簡単な英作文しかできませんが、OKだと言ってくれますよ!

この英作文は、間違っていたらその場で正しい英文を教えてくれたり、発音を訂正してくれたりします。「間違ってはいないけど、こっちのほうがベター」と言って、正しい文章を教えてくれる講師もいます。冠詞や前置詞など、結構細かいところまで直してくれるので、とても勉強になりますよ!

チャットボックスに書いてくれる講師と書いてくれない講師に分かれます。チャットに残ると後で復習しやすいのが嬉しいところです。ただ、これは講師の方針によるので、まったくチャットボックスを使わず、声だけで訂正してくれる講師もいます。

ただこの写真を見て状況描写は講師によって、する人としない人に分かれます。

② SITUATION

続いてシチュエーションです。ここでは、講師によって2つのタイプに分かれます。

  • 講師がシチュエーションの英文を読んでから、リピートする
  • 講師は読まずに自分だけが英文を読む

「~~ situation ~~」と言われて講師が英文を読んでくれず、なにか待たれてるっぽい雰囲気ならとりあえずsituationの英文を読みましょう。私は、だいたいこの方法で大丈夫でした。もし間違っていれば「No No ~~~」と言ってくれるので、その指示に従いましょう。

③ DIALOGUE

続いてダイアログ。PHRASE OF THE DAYの文章を使った2人の会話文が書かれています。ここで行われるのは、だいたい次のような流れです。

  1. 講師が1文ずつ読んで、それに合わせてリピート
  2. 「read yourself」などといわれるので、自分ひとりで全部読む
  3. 講師と役割分担。「I’m A, you’re B」などと役割分担を言われるのでロールプレイング
  4. 3とは逆の役割にチェンジ。「switch」などと言われる

私が受けた講師は全員この流れでしたので、基本的には読むだけでOK。講師によっては、次のような人もいます。

  • 役割分担のときに、先にどちらの役割をしたいか聞く
  • 上記の4まで終わったら、ダイアログの内容がつかめているか質問する

④ VOCABULARY

続いて、ダイアログで使用されている単語がのっているボキャブラリー。ここでの流れは次の通り。

  1. 講師が読んだ後に続いてリピート
  2. 今度は一人で初めから全部読む
  3. この単語を使った英作文をする

1と2は特に問題ないと思いますが、3の英作文はなかなか大変。パッと作れない自信がある方は、慣れないうちは予習をおすすめします。

講師が単語を指定してくるので、その単語を使います。全部自分で読んだ後に、何か支持されて「make sentence」的なことを言われて単語を言われたら、英作文しましょう。

⑤ LANGUAGE FOCUS

ここでPHRASE OF THE DAYと同じ英文が書かれています。この英文は自分で読んでと言われるか、講師の後にリピートしてと言われます。

そして、Directions:に書かれているように、講師に続いて英文を読んだ後、一人で読むように指示があります。そして内容について講師から文法の説明があるときもあります。

⑥ ACTIVITY

LANGUAGE FOCUSの内容を使う練習を行います。たまに、練習より先に次のHintsを読む講師もいて、自分で読んでと言われます。HintsはVOCABULARYのように英作文してと言われたことはありません。

このあと、レッスン時間があまればACTIVITYの問題をアレンジした問題を講師が出してくれたり、フリートークをしたりと講師によってさまざまです。

25分たてば講師の方から締めの言葉があり、挨拶をして通話を切ります。基本的には講師が通話を先に切断してくれます。

まとめ

産経オンラインのレッスンの流れをご紹介しました。基本的な流れは講師が変わっても同じなので、流れがつかめるとレッスンがぐっと楽になりますよ。

全然聞き取れないときは、何回聞いても無理というときもありますよね。そんなときはチャットに書いてもらうか、適当に言ってみるか、とりあえず何か反応すると良さそうです。私は笑ってごまかすパターンが多いですが。

レッスンと関係なさそうな話なら聞き取れなくても(たぶん)大丈夫。産経の講師は、みんなフレンドリーでやさしい人が多いので沈黙になっても嫌な顔をされたことは、私はありません。

とりあえず、あたって砕けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました